ビタミンD生成・紅斑紫外線量情報

概要

1980年代半ばにオゾンホールが発見され、オゾン層破壊が顕在化しました。それにともなって、地上に降り注ぐ紫外線は、一般的に有害であるという認識が広まってきていますが、同じ紫外線が同時に、人類に必須のビタミンDを体内で生成するという事実もあります。国立環境研究所は国内の北に位置する北海道の落石岬と陸別、南方の沖縄の辺戸岬と波照間および関東地方のつくばの5ヶ所の有害紫外線モニタリングネットワークのサイト (*1)有害となる紅斑紫外線量を常時監視しています。

我々はその有害となる紫外線量をもとに、その紫外線を肌に照射することによって、体内で生成されるビタミンD量を推定するシステムを構築しました。

さらに皮膚に有害となるとされる基準値、最少紅斑紫外線量 (有害となる紅斑紫外線 : MED) にいたる日光照射時間を推定し、上記の日本国内各地で日光を照射したときに、どの程度の紫外線を浴びたらMEDに到達するか、または一定量のビタミンD量を体内で生成するにはどのくらいの時間、日光照射したらよいか、それぞれの季節、時刻にその目安を示すこととしました。

なお、この計算に必要な諸要素は、文献などをもとに現在もっとも信頼できると考えられる数値などを適用しています (文献1文献17を参照)。

また、有害紫外線モニタリングネットワークで観測されている紅斑紫外線量 (有害紫外線) の測定精度は、10 % 程度であると考えられています (有害紫外線モニタリングネットワーク活動報告:CGER-M017-2005、157頁参照)。

(*1)
観測局詳細は「有害紫外線モニタリングネットワーク:観測局データ」をご参照下さい。