ビタミンD生成・紅斑紫外線量情報

English

はじめに

国立環境研究所は国内5ヶ所の観測局で観測を行うとともに、国内の研究・教育機関の協力を得て有害紫外線モニタリングネットワークを構築し、人体に有害な紅斑紫外線の常時監視を行なっています。また、紫外線には有害性だけでなくビタミンD生成という有益性も持ち合わせています。この度、私どもは、有害紫外線モニタリングネットワークのデータから、ビタミンD生成紫外線量や体内で生成されるビタミンD量を算出するシステムを構築しました (解説はこちら)。

新着情報

2019-04-25
辺戸局(沖縄県)での紫外線観測の終了にともない、辺戸局での速報値の公開を終了します。辺戸局における気候値ならびに過去のデータの検索・表示は引き続き公開します。
2018-10-19
青森局(青森県)と大阪局(大阪府)を加え、全12ヶ所の観測局の情報を英語版、モバイル版を含めて公開しました。
2018-03-23
ビタミンD生成・紅斑紫外線量情報サイトに、モバイル用ページを開設しました。左記メニューからご覧ください。
▼ さらに見る

連絡先

国立研究開発法人 国立環境研究所 地球環境研究センター 地球環境データ統合解析推進室

  • 住所 : 〒305-8506 茨城県つくば市小野川16-2
  • Email : cgerdb_admin(at)nies.go.jp
  • FAX : 029-858-2645