落石岬ステーション

English

落石岬は、北海道東部の根室半島の付け根に位置し、周囲を断崖絶壁に囲まれた小さな岬です。岬の内陸中央には落石湿原や、天然記念物のサカイツツジの南限自生地があり、岬の大半は自然保護地域に指定されています。 観測局は、岬の南端に位置し、海抜50mの崖上に所在しています。 岬の基部には落石漁港や住宅地がありますが、観測所から約2km程度離れていることや、観測塔の地上高約50mの位置から観測大気を採取しているため、それらの影響はほぼ見受けられません。

ステーション外観

ステーション外観
  • 所在地
    北海道根室市落石西243-2
    • 東経:145°30′5″
    • 北緯:43° 9′ 34″
    • 海抜:約45m
  • 敷地面積
    3,900平方m(民有地借地)
  • 観測棟
    • 構造:アルミパネル構造一階建
    • 床面積:83.4平方m
  • 観測塔
    • 高さ:55m
    • 構造:支線型鉄骨造
    • 大気採取高:51.0m
  • 竣工   1994年3月(1995年10月観測開始)
  • 観測対象   日本北部における温室効果ガス等の大気量成分のベースライン濃度等
  • #GAW No.   GAW#COI243N00

ステーション内部

ステーション外観

ギャラリー(関連写真)

最新の観測結果

落石岬のCO2トレンド (速報値)