陸域モニタリング

一部の数値データをダウンロードするにはユーザ登録が必要です。

森林生態系炭素収支モニタリング

微気象学的CO2フラックス観測データ
富士北麓フラックス観測サイト
富士北麓フラックス観測サイト (数値データ)
富士北麓フラックス観測 (FHK) サイトは、山梨県の富士山麓に位置するカラマツ林にあります。ここでは、2006年から、二酸化炭素交換量をはじめ、森林の炭素循環の各プロセスに関するモニタリングを実施しています。微気象学的手法、林学的手法、生理生態学的手法など様々なアプローチを用いて多面的に観測を実施しており、衛星リモートセンシングの検証サイトとしても活用されています。このデータセットは AsiaFlux Database からも提供されています。
  • 【観測期間】 2006/01/01 - 現在
  • 【観測地点】 富士北麓フラックス観測サイト (緯度 : 北緯35.443528度、経度 : 東経138.764722度、標高 : 1050-1150メートル)
  • 【観測項目】 正味生態系炭素交換量、CO2フラックス、CO2貯留量、CO2濃度、顕熱フラックス、潜熱フラックス、気温、相対湿度、風向、風速、気圧、全天日射、長波放射、正味放射量、光合成有効光量子束密度、降水量、地温、土壌水分、地流熱量等
  • 【ウェブサイト】 https://db.cger.nies.go.jp/gem/warm/flux/fuji.html
天塩サイト
天塩サイト (TSE) では、2001年に天然の針広混交林において観測を開始しました。2003年に混交林を伐採してカラマツを植林し、その後、カラマツの生長に伴う森林生態系の機能や構造の変化、およびそれらが各種物質循環プロセスに及ぼす影響のモニタリング、リモートセンシングを用いての森林機能の把握や広域評価を実施しています。
  • 【観測期間】 2001/08/26 - 現在
  • 【観測地点】 天塩サイト (緯度 : 北緯45.05度、経度 : 東経142.1度、標高 : 70メートル)
  • 【観測項目】 CO2濃度プロファイル、気温、湿度、風向、風速、気圧、全天日射、分光放射、光合成有効放射、地温、土壌水分、地流熱量等
  • 【ウェブサイト】 http://db.cger.nies.go.jp/gem/warm/flux/teshio.html
苫小牧フラックス観測サイト
苫小牧フラックス観測サイト (数値データ)
苫小牧フラックス観測サイト (TMK) では、森林生態系の炭素循環機能に関する総合観測研究を行っていましたが、2004年の台風18号の影響でタワーが倒壊し、同じ条件での観測の継続ができなくなりました。提供データは台風以前の2001~2003年のフラックスと気象データです。このデータセットはAsiaFlux Database からも提供されています。
  • 【観測期間】 2000/09/01 - 2004/09/08
  • 【観測地点】 苫小牧フラックス観測サイト (緯度 : 北緯42.73697度、経度 : 東経141.5186度、標高 : 140メートル)
  • 【観測項目】 正味生態系CO2交換量、CO2フラックス、顕熱フラックス、潜熱フラックス、気温、相対湿度、風向、風速、気圧、降水量、全天日射、長波放射、正味放射量、光合成有効光量子束密度、地温、土壌水分、地中熱流量、等
  • 【ウェブサイト】 https://db.cger.nies.go.jp/gem/warm/flux/tomakomai_o.html