グラフ作成

国立環境研究所 有害紫外線モニタリングネットワーク(以下ネットワーク)事務局では、 ネットワーク参加局の観測データをホームページ上で公開しています。
公開されたデータのご利用は原則自由ですが、公開データを利用してグラフ作成する場合に注意いただきたい事項をここに記載します。 なお、 「データをご利用される方へ<公開データ、グラフデータ、数値データについての説明事項>」 と、 「有害紫外線モニタリングネットワークにおけるデータの取り扱い要綱」 もご一読ください。

データの取得

データは、「観測データ公開」ページ下部の「数値データ提供」からダウンロードして下さい。
【例】つくば局の場合
トップページ > 観測局データ > つくば局 > 観測データ公開

単位と出典

  1. 単位
    紫外線の単位は、[kJ/㎡](kは小文字、Jは大文字)と記載して下さい。kJの読み方はキロジュールです。
    紫外線A波はUV-A、紫外線B波はUV-Bと表記し、「-」(ハイフン)を付けてください。
  2. 出典
    西暦年と観測局名を記載して下さい。
    【例】2016年つくば局で観測したUV-A,UV-Bの月別値グラフの場合
    出典:国立環境研究所 有害紫外線モニタリングネットワーク事務局 2016年 つくば局観測データ
    なお、UV-Aだけ、(またはUV-Bだけ)のグラフを作成する場合は、データの種類を記載してください。
    【例】2016年つくば局で観測したUV-Aの月別値グラフの場合
    出典:国立環境研究所 有害紫外線モニタリングネットワーク事務局 2016年 つくば局UV-A観測データ

グラフの説明

グラフ作成に係る連絡

書面によるデータ使用の申請手続きは必要としておりませんが、ご利用目的(研究か広報媒体等)、また利用・掲載時期等の詳細について、 「有害紫外線モニタリングネットワーク事務局」(e-mail:uvnet((末尾に @nies.go.jpをつけて下さい))までお知らせいただくと助かります。
利用目的とあわせて作成したグラフを送付いただければ、事務局で内容確認をいたします。 作成されたグラフが雑誌・冊子に掲載された場合は、表紙、目次及びグラフ掲載箇所のページを、 チラシなどの場合は全体をPDFファイル等で当事務局宛に提出をお願いします。 なお、1度使用されたグラフを再利用する場合でも、再度、その旨連絡をお願いいたします。

サンプル グラフダウンロード (カラーPDF)

このグラフのサンプルをそのまま利用していただいても結構ですが、利用目的、利用・掲載時期等のご連絡や、使用後の成果物のご報告をお願いいたします(報告先:e-mail:uvnet((末尾に @nies.go.jpをつけて下さい))。