lidar
Index of
つくばにおける
成層圏オゾン
モニタリング


1.目的
2.オゾンライダー
 button概要
 button結果・データ提供

3.ミリ波放射計
 button概要・結果 

4.観測の成果
関連事業
image
北域成層圏総合
モニタリング

関連研究
pv image
極渦予報
環境科学解説
 buttonオゾン層の破壊
タイトル
2.オゾンライダー |概要|結果・データ提供|
観測結果

1990年10月のモニタリング開始以来、故障及び機器更新時を除いて継続的に高度20~40kmのオゾン高度分布の観測を行ってきました。また、1997年2月からは、高度15~40kmの観測が可能になりました。観測結果から、各高度によって季節変動が異なること、ピナツボ火山噴火後の1992年に、20kmではオゾンが減少し、30kmではオゾンが増加していることがわかりました(下図参照)。各高度における長期的な変動に関しては、フロンの増減、太陽活動、気候変動の影響を受けている可能性があり、総合的な解析を進める必要があります。

オゾンデータ
高度別(15~40km)の成層圏オゾンの時系列変化
[図をクリックで拡大画面へ]
1988~2009年の間のオゾンレーザーレーダーとオゾンゾンデ
(気象庁つくば高層気象台 )のデータの比較をしたものです。


ボタンデータ提供
データの取り扱いおよび著作権について

国立環境研究所地球環境研究センターでは大気組成変化検出のためのネットワーク(NDACC)の観測拠点としてオゾンライダーによる観測を行っています。ライダーデータを論文等で使用される場合は下記の条件とさせていただいています。
  1. 観測後2年以内のデータについては国立環境研究所研究者との共著とさせていただきます。担当研究者(杉田考史)にご連絡下さい。
  2. 国立環境研究所のデータであり、かつ大気組成変化検出のためのネットワーク(NDACC)の観測拠点としてのデータであることを明記して下さい。
  3. 国立環境研究所では http://db.cger.nies.go.jp/gem/で、NDACCでは http://www.ndsc.ncep.noaa.govでデータが公開されていることを明記して下さい。
お問い合わせ先

地球環境研究センター 杉田考史 tsugita(e-mailには、末尾に小文字半角で@nies.go.jpを付けてください。)
Data download

観測年を選択
プルダウンメニューより、1988年8月から2004年6月まで、夜間晴天でデータを取得できた日の鉛直プロファイルをみることができます。表示画面より図の一覧表の日付をクリックすれば拡大図をみることができます。

データファイル(Zip)
1988年8月から2010年2月までの月ごとのデータファイルを圧縮して1ファイルでダウンロードできます。観測の詳細および解析については下記の論文をご参照ください。

sample
鉛直プロファイルサンプル画像
  • Nakane, H., S. Hayashida, Y. Sasano, N. Sugimoto, I. Matsui and A. Minato,Vertical profiles of temperature and ozone observed during DYANA campaign with the NIES ozone lidar system at Tsukuba, J. Geomag. Geoelectr., 44, 1071-1083, 1992.
  • Nakane,H., Y. Sasano, S. Hayashida-Amano, N. Sugimoto, I. Matsui, A. Minato and M. P. McCormick., Comparison of ozone profiles obtained with NIES DIAL and SAGE II measurements, J. Meteorol. Soc. Japan, 71, 153-159, 1993.
また、NDACCのサイト(http://www.ndsc.ncep.noaa.gov/)もご参照ください。

- このページのTOPへ戻る -

|概要|結果・データ提供|

< 1.目的 | 3.ミリ波 >
Copyright©
Center for Global Environmental Research(CGER)
National Institute for Environmental Studies(NIES)