観測内容

English

現在、両ステーションでは、二酸化炭素・メタン・一酸化二窒素などの温室効果ガスのほか、観測大気の起源を推定するための指標因子として、大気汚染ガスやラドン・気象要素などを観測しています。 両ステーションで得られた観測データは、専用回線を経てつくばの地球環境研究センターに送られます。

波照間・落石岬ステーションにおける観測項目

観測項目 検出方式 備考
自動連続観測 二酸化炭素(CO2) 非分散型赤外分析計(ND-IR) 標準ガス4本
メタン(CH4) ガスクロマトグラフ-FID(GC-FID) 標準ガス3本
一酸化二窒素(N2O) ガスクロマトグラフ-ECD(GC-ECD) 標準ガス3本
一酸化炭素(CO) ガスクロマトグラフ-水銀還元法(GC-RGD) 標準ガス4本(落石:3)
水素(H2) ガスクロマトグラフ-水銀還元法(GC-RGD) 標準ガス4本(落石:3)
酸素窒素比(O2/N2 ガスクロマトグラフ-TCD(GC-TCD) 標準ガス1本
窒素酸化物(NOx) 化学発光法 標準ガス1本
硫黄酸化物(SOx) 紫外蛍光法 標準ガス1本
オゾン(O3) 紫外線吸収法 波照間は40m,10m
CFC類 ガスクロマトグラフ-質量分析法(GC-MS) 標準ガス1本
ラドン(Rn) 静電捕集型 実施者:名古屋大学
エアロゾル β線吸収方式
エアロゾル(炭素粒子) 光量反射方式
気象要素 風向・風速 矢羽風車式 塔上
温度 測温抵抗体 高度別
湿度 静電容量式 露場・局舎
全天日射量 熱電堆式 局舎上
A領域紫外線量 帯域型A領域紫外線計 局舎上
B領域紫外線量 帯域型B領域紫外線計 局舎上
降水量 転倒桝式 露場・局舎上
気圧 シリコン式静電容量絶対圧センサ 局舎外・内
ボトルサンプリング 酸素窒素比測定用 自動(4日に一度サンプリング)
14C測定用 自動(4日に一度サンプリング)
フロン類(CFCs) 年4回(鉄塔で真空容器を開放)
六フッ化硫黄(SF6) 年4回(鉄塔で真空容器を開放)
ハロカーボン類 月3回(鉄塔で真空容器を開放)
POPs 月1回(点検時手動で実施)
酸性雨 自動(1試料/日) 降水水質等

【凡例】波:波照間、落:落石岬、◯:計測中(試験計測含む)、ー:未計測(2010年7月現在)