速報値 (GGTU : Greenhouse Gases Trend Update) の概要

このサイトでは、地球環境データベースで扱うデータのうち、温室効果ガス濃度などほぼリアルタイムで更新されているデータをいち早く提供しています。

現在、CGERの波照間ステーションおよび落⽯岬ステーションでは、CO2濃度データをGEDデータベースに1時間毎にアップデートしています。このサイトから最新のCO2濃度の年増加量や日平均、週平均、月平均、年平均を見ることができます。日平均は1時間毎のデータから計算されます。そして、その日平均値を用いて長期トレンドを計算し、年増加量を評価します。ここでは両ステーションの過去1週、1月、1年間、または観測全期間のデータを図として見ることもできます。

本サイトでは、速報性を重視して、現場の測定器が自動的に報告している確定前の速報値データを提供しています。CO2など各種大気中のガス濃度等の観測では、正確な濃度の値付けが大切ですが、使用している標準ガスの再検定や異常値の除去などの過程が必要なため、値を確定するまでには1年以上かかります。ここでの速報値は確定処理をされた確定値によって後に書き換えられるものですので、ご使用の際にはお問い合わせください。より詳細なデータ解析等には、データベースから提供している確定値をお使い下さい。

CO2 at Hateruma
CO2 at Ochiishi