波照間のCO2トレンド

国立環境研究所地球環境研究センターは、地球環境モニタリングステーション―波照間を1992年に建設し、以後、東アジアにおける温室効果ガスの長期トレンドを観測しています。沖縄県波照間島は有人の島として日本最南端に位置しています。

このページでは、波照間モニタリングステーションで観測された最新のCO2濃度と、その増加量を提供しています。

なお、ここでの値は速報値であり、今後詳しい検証によって変更される可能性がありますのでご注意ください。

過去1年で増加した二酸化炭素の濃度 (年増加量)

2.71 ppm (2017/03/23)

年増加量は、過去365日間での日平均CO2濃度とさらに前年 (同時期) の濃度の違いを計算しています。データ欠測の影響を避けるため、Thoningの指数関数的周期フィルタ [Thoning et al., 1989, J. Geophys. Res., 94(6):8549-8565] を使って欠測日の日平均CO2濃度を出しています。

2017/03/23までのCO2濃度の平均値

1日平均値 7日平均値 30日平均値 365日平均値
414.39 ppm 413.66 ppm 413.19 ppm 407.73 ppm

詳細なリアルタイムCO2濃度

長期的なCO2濃度変化を見る。
1年でどれだけ濃度が上がったかを見る (今日から1年前までのCO2濃度平均と、更にその1年前のCO2濃度平均との比較)。
過去1年間での毎時CO2濃度変化を見る。
ここ1ヶ月のCO2濃度変化を見る。
ここ1週間のCO2濃度変化を見る。
CO2日平均値データを抽出する。この濃度値の一部は速報値ですので、今後評価された後、値が変わります。
CO2 at Hateruma

波照間のアーカイブデータ

クリックすると「データベース」のページにリンクし、波照間ステーションの詳細なデータを見ることができます。