摩周湖ベースラインモニタリング調査結果について

2004年8月24日掲載

摩周湖調査GEMS/Water事業の一環として水質等のモニタリングを実施している北海道摩周 湖での現地調査が2004年8月17日と18日に行われました。

調査は北見工業大学の南尚嗣助教授らによって行われ、湖心部で水深1.5 m、 10 m、50 m、100 m、200 mの湖水を大量に採取しました。また、同時に水温、 電気伝導度、透明度などを測定しました。本年度調査における透明度は 19.0 m (2003年度; 20.4 m、2002年度; 18.0 m、2001年度; 23.7 m) でした。

採取した湖水は、北見工業大学、国立環境研究所等で精密な分析が行われます。

Mashu data
摩周湖の透明度