ナショナルセンター ウェブサイト
ホーム GEMS/Waterとは 国内観測ステーション一覧 リンク 問い合わせ
ホーム > 国内観測ステーション一覧 > 土合浄水場(旧浦和浄水場)ステーション

GEMS/Water St. No.080002

土合浄水場(旧浦和浄水場)ステーション

カテゴリー:ベースライン

観測データ(グラフ)はこちら
観測データ(グラフ)はこちら
メタデータのダウンロード

サイト概要

■担当機関

さいたま市水道局

(埼玉県さいたま市北区東大成町2-445-1)

ステーション名 土合浄水場(旧浦和浄水場)
ステーション番号 080002
観測開始日 1966年1月6日
位 置 埼玉県さいたま市浦和区仲町
北緯: 35度51分20秒
東経: 139度39分40秒
標 高 11.0m
深 度 267m

周辺状況

周辺状況地図
■土合浄水場について

ベースステーションである浦和3号取水井は、かつて埼玉県南部の「浦和水脈」と言われた地下水に恵まれた地域に位置している深井戸である。現在も水は清浄で、年間を通して安定したものとなっている。

■水質データ提供地点

さいたま市は埼玉県の南東部に位置する市である。このさいたま市の南部に浦和3号取水井は位置しており、土合浄水場で浄水処理をして市民に提供している。

観測概要

■調査日

毎月1回、日時は不定期。

■採水方法

取水ポンプ上部に付いている採水用蛇口から採水する。

■観測項目

pH,アルカリ度,電気伝導度,水温,アンモニア,硝酸イオン+亜硝酸イオン,溶存フッ素,溶存ナトリウム,溶存塩化物イオン,全有機炭素,大腸菌,大腸菌群,総ヒ素,総カドミウム,総クロム,総銅,総鉄,総鉛,総マンガン,総セレン,総亜鉛,フェノール類,ベンゼン,総水銀

その他

■水質の動向

水質の変動は年間を通じてほとんどない。

■周辺の状況

周囲は閑静な住宅地である。

■施設の状況

昭和12年浦和浄水場の取水井戸として取水を開始した。平成20年11月浦和浄水場休止に伴い、平成21年7月より土合浄水場の取水井戸として使用を再開し、現在に至る。

■水質状況 (平成18年度〜平成19年度)

・電気伝導度 122〜124μS/cm

・pH 7.5〜7.7

・TOC 0.1未満〜0.1mg/L

・色度 1度未満

・濁度 0.1度未満

・塩化物イオン 2.3〜4.0mg/L

・硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素 0.84〜1.57mg/L

■課題等

老朽化が懸念される。

Copyright
生物・生態系環境研究センター GEMS/Water英文(カナダ本部)