データセットの引用情報:
このデータを利用する場合は、データパッケージを引用してください:
Teshio Experimental Forest., 天塩研究林 (てしお けんきゅうりん). .
Tree census, Long-term permanent plot No.5, "A Picea glehnii natural forest of Nubukanai-Mine", Teshio Experimental Forest 109, Hokkaido, Japan, from 1990. , 毎木調査, 長期観察林番号5号, ヌブカナイ峰 アカエゾマツ天然林 (ぬぶかないみね あかえぞまつ てんねんりん), 天塩研究林 109林班, 北海道.
jalter_hokkaido_kita_23.13.1 (http://db.cger.nies.go.jp/JaLTER/metacat/metacat/jalter_hokkaido_kita_23.13.1/jalter)
全体的な情報:
タイトル:Tree census, Long-term permanent plot No.5, "A Picea glehnii natural forest of Nubukanai-Mine", Teshio Experimental Forest 109, Hokkaido, Japan, from 1990. , 毎木調査, 長期観察林番号5号, ヌブカナイ峰 アカエゾマツ天然林 (ぬぶかないみね あかえぞまつ てんねんりん), 天塩研究林 109林班, 北海道.
識別子:jalter_hokkaido_kita_23.13.1
要旨:
This area of Teshio Experimental Forest is managed by tree cutting called "Takubatu". Also in this area of "Nubukanai-Mine", there is a Picea glehnii natural forest. The forest was cut in 1989. The dynamic state of the forest is observed in this plot. A study plot with area 0.5-ha was introduced in 1990, followed by repeated tree censuses (at 5-10 year intervals). From 1991, forest-dwelling rodent population investigation was started. From 1995 to 2001, seed fall was investigated. , 調査は北海道大学天塩研究林109林班で実施した. 天塩研究林では従来、択伐がおこなわれてきた. 当該地では、1989年に立木処分による伐採(択伐)がおこなわれた. アカエゾマツ林における択伐施業の影響を観察するため、1990年に、この長期観察林を設定し、調査を開始した。この観察林では、アカエゾ林内でも、小径木が多い箇所の動態を観察する。観察林の形状は 100m x 50m 、面積0.5haである。この観察内の樹木を、5-10年間隔で、本数、胸高周囲長などを計測している. この観察林は樹木だけでなく、1991年から野鼠調査を、1995年から2001年は落下種子の調査をおこなった。
キーワード:
  • long-term permanent plot, 長期観察林(ちょうきかんさつりん)
  • Teshio, 天塩(てしお)
  • diameter at breast height (DBH), 胸高直径
  • girth at breast heigt, 胸高周囲長
  • tree hight, 樹高
  • crowm width, 樹幹幅
  • "Takubatu", 択伐(たくばつ)
  • A Picea glehnii natural forest, アカエゾマツ天然林(てんねんりん)
  • forest-dwelling rodent population, 森林性の野鼠(ノネズミ)の個体群動態(こたいぐんどうたい)
  • seed fall, 落下種子(らっか しゅし)

関係者/関係団体

データセットの所有者:
個人: Teshio Experimental Forest., 天塩研究林 (てしお けんきゅうりん).
組織/団体:Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University. , 北海道大学 北方生物圏(ほっぽう せいぶつけん)フィールド科学センター.
住所:
Toikanbetu, 問寒別, (といかんべつ).,
Horonobe, Hokkaido, 098-2943, Japan., 幌延町, 北海道, 日本.,
Horonobe, 幌延町, (ほろのべ ちょう)., Hokkaido, 北海道. 098-2943 Japan, 日本.
電話:
+81-1632-6-5211 (voice)
電話:
+81-1632-6-5003 (fax)
メールアドレス:
tesio@fsc.hokudai.ac.jp
ウェブアドレス:
http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~exfor/fr/
データセットの連絡先:
個人: Teshio Experimental Forest., 天塩研究林 (てしお けんきゅうりん).
組織/団体:Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University. , 北海道大学 北方生物圏(ほっぽう せいぶつけん)フィールド科学センター.
住所:
Toikanbetu, 問寒別, (といかんべつ).,
Horonobe, Hokkaido, 098-2943, Japan., 幌延町, 北海道, 日本.,
Horonobe, 幌延町, (ほろのべ ちょう)., Hokkaido, 北海道. 098-2943 Japan, 日本.
電話:
+81-1632-6-5211 (voice)
電話:
+81-1632-6-5003 (fax)
メールアドレス:
tesio@fsc.hokudai.ac.jp
ウェブアドレス:
http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~exfor/fr/
関連団体:
個人: Teshio Experimental Forest., 天塩研究林 (てしお けんきゅうりん).
組織/団体:Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University. , 北海道大学 北方生物圏(ほっぽう せいぶつけん)フィールド科学センター.
住所:
Toikanbetu, 問寒別, (といかんべつ).,
Horonobe, Hokkaido, 098-2943, Japan., 幌延町, 北海道, 日本.,
Horonobe, 幌延町, (ほろのべ ちょう)., Hokkaido, 北海道. 098-2943 Japan, 日本.
電話:
+81-1632-6-5211 (voice)
電話:
+81-1632-6-5003 (fax)
メールアドレス:
tesio@fsc.hokudai.ac.jp
ウェブアドレス:
http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~exfor/fr/

データセットの特性

地理的領域:
地理的説明:Plot No.5, "A Picea glehnii natural forest of Nubukanai-Mine", compartment 109 in the Teshio Experimental Forest, Hokkaido, Japan. , 毎木調査, 長期観察林番号5号, ヌブカナイ峰 アカエゾマツ天然林(ぬぶかないみね あかえぞまつ てんねんりん), 天塩研究林 109林班, 北海道, 日本.
境界の座標:
西:  142.0  度
東:  142.142  度
北:  45.0  度
南:  45.0  度
期間:
開始:
1990-04-16
終了:
1990-04-17
期間:
開始:
1995-04-01
終了:
1995-04-01
期間:
開始:
1999-04-20
終了:
1999-04-20
期間:
開始:
2010-04-28
終了:
2010-05-06

サンプリング、処理工程、品質管理の方法

処理の手順
手順 1:
説明:

Location, 位置.

The study plot is located in compartment 109 of the Teshio Experimental Forest. The size of the study plot is 5000m2 (100mx50m). , 調査地は天塩研究林109林班に位置する. 調査区の面積は 5000m2 (100m x 50m) である.

手順 2:
説明:

Targets to measure , 測定対象.

The census targeted trees with diameter at breast height (1.3m above ground) equal to or larger than 4-cm in the plot (1990 census). Trees were identified by metal plate, and their species names were recorded. , 1990年は、調査区内の胸高直径(地上1.3mで測定)4cm以上の樹木を対象とした. 金属製の番号板を木に取り付けて個体識別し、樹種名を記録した.

手順 3:
説明:

Diameter at breast height and girth at breast height. , 胸高直径(きょうこう ちょっけい)、胸高周囲長(きょうこう しゅういちょう).

Diameter at breast height (measured at 1.3m above ground) was measured with a caliper (from 1990). Girth at breast height (measured at 1.3m above ground) was measured with a steel tape, and then Girth at breast height was converted into the diameter at breast height (from 1995 census). , 1990年は、胸高直径(地上1.3mで測定)を輪尺で計測した。1995年以降、測定対象木の胸高周囲長(地上1.3mで測定)をコンベックスを用いて計測し、その値を胸高直径に換算した.

使用機器: caliper, steel tape. , 輪尺(りんじゃく)、コンベックス.
手順 4:
説明:

Height. , 樹高(じゅこう).

Height was measured with a scale pole (from 1990 to 1999 census) and naked eye observation (from 1990 to 1999 census). Height was measured with ultrasonic hypsometer (2010 census). , 1990年から1999年測定時は、測定対象木の樹高を目視と測桿ポールを用いて計測した。2010年測定時は超音波樹高測定器を用いて計測した.

使用機器: scale pole, ultrasonic hypsometer. , 測桿ポール(そっかん ぽーる)、超音波樹高測定器(ちょうおんぱ じゅこう そくていき).
手順 5:
説明:

Survival. , 生枯(せいこ).

Survival of the target trees was confirmed by observation. , 測定対象木の生死を確認.

手順 6:
説明:

Grade of wood quality called "Jukei-kyu", and "Jukan-kyu". , 樹形級(じゅけいきゅう), 樹幹級(じゅかんきゅう).

"Jukei-kyu" is applied indication grade of wood quality, for two type forest, one of forest is broadleaf forest, the another is ecidous-conifer mixed forest. "Jukei-kyu" is displayed four codes following below. 1: Overstory trees with good wood quality. 2: Understory trees, which is expectable to become a good dominant tree. 3a: Trees, which interrupt a better tree. 3b: Trees with unstraight stem or a sign of death, decay or weakening. "Jukan-kyu" is applied indication grade of wood quality, for conifer forest. "Jukei-kyu" is displayed five codes following below. 1: Overstory trees with good wood quality. 2: Trees, which interrupt a better tree. And overstory trees with damage. 3: Understory trees, which is expectable to become a good dominant tree. 4: Understory trees, which growth was obstructed. 5: Trees, with unstraight stem or a sign of death, decay or weakening. "Jukan-kyu" is recorded 1990 census. "Jukei-kyu" is recorded from 1999 census. , 1990年は「樹幹級」を記録した。1999年からは「樹形級」を記録した. 「樹形級」は広葉樹林及び針広混交林に適用し、樹木を以下の4つに区分する。1級: 優勢木、2級: 下層木(将来優勢木になる可能性を持つ優良木)、3a: あばれ木(1級・2級の樹木の生長を、直接阻害する樹木)、3b: 枯損木・半枯損木・被害木・形質不良木・幹形不良木・傾斜木・倒木. 「樹幹級」は針葉樹林に適用し、樹木を以下の5つに区分する。1: 上層の優良木、2: あばれ木、上層の樹冠過弱木・樹冠偏倚木・分岐木・被害木、3: 下層木の良木(将来良好な生育が見込まれるもの)、4: 被圧木(ひあつぼく)、5: 生育衰退木・倒木・枯損木・傾斜木. この区分方法は「ソビエト式樹形級区分」と呼ばれる. 旧ソビエトのチモヒーノフ、ダゥイリス共著の「造林学」に掲載されている.

手順 7:
説明:

Crown width. , 樹冠幅(じゅかん はば).

Crown width was measured with a tape measure toward 0, 90, 180 and 270-degree direction from the base. , 測定対象木の樹冠幅を巻尺を用いて、調査地内の基準となる方向に対して0度、90度、180度、270度の4方向について計測した.

使用機器: a tape measure. , 巻尺(まきじゃく).
手順 8:
説明:

Details of wood damage. , 欠点(けってん).

Special instructions on wood damage. , 測定対象木の欠点を記録. 記載内容: 折れ、倒れ、菌害木(きんがいぼく)、虫害木(ちゅうがいぼく)、凍裂木(とうれつぼく)、曲がり、二叉(ふたまた)、採材不能(さいざいふのう. 木材として使用不可能).

手順 9:
説明:

The location point of trees. , 樹木の座標位置.

The location point of trees was measured from the base. It expressed using two axes which intersect perpendicularly. , 樹木の座標位置を、基準点から測量した. 位置は、直交する2軸(x軸、y軸)のx座標、y座標を用いて表現した.

手順 10:
説明:

forest-dwelling rodent, 森林性の野鼠調査.

Trapping was carried out for three consecutive days in every spring autumn at each plot (0.5 ha) using 50 Sherman-type live traps baited with oats and placed at 10-m intervals in a grid pattern. All rodents were identified by toe clipping upon first capture.

Species, location, identity, sex, body weight (once or more per trapping session), and reproductive status were recorded upon capture. , 野鼠調査は1991年に開始し、野鼠調査マニュアル(林田、中野 1991)に従って実施した. えん麦を入れたシャーマントラップ50個を10m間隔で仕掛け、翌日の午前中にトラップを見回った。トラップにより生け捕りした固体の種類・性別・体重等を記録し、ハサミで指を切ってマーキングした後、放した. 調査期間は設置日を含めた4日間で、その間に1日1回の見回りを行い、計3回の調査を実施した. この調査を春と秋の年2回実施した. 参考: FReD 北方森林圏データベース ( http://larix.fsc.hokudai.ac.jp/default.htm ).

使用機器: Sherman-type live traps, シャーマントラップ
手順 11:
説明:

fallen seeds, 落下種子

In this plot No.5, seed fall was investigated from 1995 to 2001. A seed trap was used in this investigation. The seeds in a trap were collected once per month. The trap was used from spring to autumn. The seeds collected from the trap were recorded. , この観察林内の落下種子の調査は、1995年から2001年に実施した. 直径80cmのシードトラップを設置し、月に1回、トラップ内の種子を回収した. トラップの設置期間は、春から秋の間である. 回収した種子の種類と数を記録した.

使用機器: seed trap, シードトラップ
サンプリングの領域と頻度:
Tree census, forest-dwelling rodent, fallen seeds, . 枚木調査(まいぼく ちょうさ), 野鼠調査(やそちょうさ), 落下種子調査(らっかしゅし ちょうさ).
サンプリングの説明:
国立大学法人北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション ( http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~exfor/fr/ )の FReD 北方森林圏データベース ( http://larix.fsc.hokudai.ac.jp/default.htm ) を参照してください。

データセットの利用条件

Data users are required to place an acknowledgement in any publication in which the data are used, and to send a copy of the publication with an usage report. , 公表にあたっては、データの出典を謝辞等に明記するとともに、成果品および利用報告を提出する.
アクセス制御:
認証システム:knb
適用順序:allowFirst
許可: [read] public
メタデータのダウンロード: Ecological Metadata Language (EML) ファイル