データセットの引用情報:
このデータを利用する場合は、データパッケージを引用してください:
Tomakomai Experimental Forest, Forest Research Station, Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University /北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション苫小牧研究林 and Biodiversity Center, Ministry of the Environment, Japan /環境省生物多様性センター.
Ground Beetle Census Data, Monitoring Site 1000 Forest Survey
jalter-toef-02.4.1 (http://db.cger.nies.go.jp/JaLTER/metacat/metacat/jalter-toef-02.4.1/jalter)
全体的な情報:
タイトル:Ground Beetle Census Data, Monitoring Site 1000 Forest Survey
識別子:jalter-toef-02.4.1
要旨:
To examine the ground beetle community and decomposition function of a natural deciduous broad-leaved forest, 5 subplots were established in a 1-ha (100×100m) permanent plot. This study was conducted as the Monitering Sites 1000 Project of the Ministry of the Environment, Japan since 2004. The data is identical to the data availble from the Biodiversity Center, Ministry of the Environment. / 天然生落葉広葉樹林の地表徘徊性甲虫相や分解系機能を調べるため、北海道大学苫小牧研究林において1ha(100×100m)の永久調査区を設け、5箇所のサブプロットを設置した。この調査は、2004年より環境省・モニタリングサイト1000プロジェクトとして実施された。環境省生物多様性センターに所蔵されているデータと同一であることに注意。
データテーブル、画像、その他のデータの詳細:
メタデータのダウンロード: Ecological Metadata Language (EML) ファイル
データテーブル:OrganicLayer.csv ( メタデータを表示 | ファイルをダウンロードする download)
データテーブル:test ( メタデータを表示 | ファイルをダウンロードする download)

関係者/関係団体

データセットの所有者:
組織/団体:Tomakomai Experimental Forest, Forest Research Station, Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University /北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション苫小牧研究林
住所:
Takaoka /高丘,
Tomakomai City/苫小牧市, Hokkaido Prefecture/北海道 053-0035 Japan /日本
電話:
+81-144-33-2171 (voice)
電話:
+81-144-33-2173 (fax)
メールアドレス:
tomak@fsc.hokudai.ac.jp
ウェブアドレス:
http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~exfor/Toef/hp_j/0_top.html
組織/団体:Biodiversity Center, Ministry of the Environment, Japan /環境省生物多様性センター
住所:
5597-1, Kenmarubi, Kamiyoshida /上吉田剣丸尾5597-1,
Fujiyoshida City /富士吉田市, Yamanashi Prefecture /山梨県 403-0005 Japan /日本
電話:
+81-555-72-6031 (voice)
電話:
+81-555-72-6035 (fax)
ウェブアドレス:
http://www.biodic.go.jp/
データセットの連絡先:
組織/団体:Tomakomai Experimental Forest, Forest Research Station, Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University /北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション苫小牧研究林
住所:
Takaoka /高丘,
Tomakomai City/苫小牧市, Hokkaido Prefecture/北海道 053-0035 Japan /日本
電話:
+81-144-33-2171 (voice)
電話:
+81-144-33-2173 (fax)
メールアドレス:
tomak@fsc.hokudai.ac.jp
ウェブアドレス:
http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~exfor/Toef/hp_j/0_top.html
関連団体:
組織/団体:Japan Wildlife Research Center /財団法人 自然環境研究センター
住所:
3-10-10 Shitaya /下谷3-10-10,
Taito-Ku /台東区,
Tokyo /東京都, 110-8676 Japan /日本
電話:
+81-3-5824-0960 (voice)
電話:
+81-3-5824-0961 (fax)
ウェブアドレス:
http://www.jwrc.or.jp/center.htm

データセットの特性

地理的領域:
地理的説明:Tomakomai Experimental Forest (TOEF)
境界の座標:
西:  141.57  度
東:  141.63  度
北:  42.71  度
南:  42.67  度
期間:
開始:
2004
終了:
2009

サンプリング、処理工程、品質管理の方法

処理の手順
手順 1:
説明:
a

Ground Beetle /地表徘徊性甲虫の調査方法

Four pitfall traps (aperture diameter 9cm, depth 12cm) were installed in each subplot. Ground animals were collected by opening traps for 72 hours at 4 times every year. Animals were identified (carabid beetles: species, other beetles: family to species, other animals: class to family), oven dried for 3 days at 60 degree Celcius and their weights were measured. /各サブプロットに4個のピットフォールトラップ(口径9cm、深さ12cm)を設置した。毎年4回、トラップを72時間開放し、地表徘徊性動物を採集した。動物は同定し(オサムシ科は種、その他の甲虫は種~科、甲虫以外は科~綱まで)、摂氏60度で3日間乾燥させ、重量を測定した。

手順 2:
説明:
a

Accumulated organic layer /堆積落葉層の重量およびC/N濃度の調査方法

Accumulated organic layer (A0 layer) in forest floor (25cm x 25cm) near each subplot was collected at 1-3 time(s) every year, oven dried for 2 days at 60 degree Celcius and the weight was measured. Carbon and nitrogen contents of these organic layer samples were measured. /各サブプロットの周辺で、毎年1~3回、林床(25cm×25cm)の堆積落葉層(A0層)を採取し、摂氏60度で2日間絶乾させ、重量と炭素、窒素濃度を測定した。

手順 3:
説明:
a

Mineral Soil /鉱質土壌のC/N濃度の調査方法

Surface mineral soil samples (0-5cm depth under A0 layer, 20cm2) near each subplot were collected. Carbon and nitrogen contents of these soil samples were measured. /各サブプロットの周辺で、鉱質土壌(A0層下0~5cm、20cm2)を採取し、炭素、窒素濃度を測定した。

手順 4:
説明:
a

Cellulose Decomposition /セルロース分解速度の調査方法

Six (filter no. 1-6) cellulose filters (5cm x 5cm; Benchkote 2300-916, Whatman) were installed into A0 layer (set horizontally at the boundary of A0 and mineral soil) and mineral soil (inserted vertically into surface layer (0-5cm)) in each subplot at 1 or 2 time(s) per year. Two papers were collected from each layer at 3 collecting dates. The ash free dry masses of collected papers were measured and the decomposition rates (mass loss rates) were calculated. /年1~2回、各サブプロットにおいて、堆積落葉層(鉱質土壌との境界面に水平に設置)および鉱質土壌層(表層0-5cmに垂直に挿入)に6枚(フィルター番号1~6)ずつのセルロースフィルター(5cm×5cm;ベンチコート2300-916、ワットマン)を埋設した。3回の回収日に、各層から2枚ずつを回収し、灼熱減量を測定して、設置期間中の分解率(重量減少率)を算出した。灰重量が負の値をとる(=燃焼前後での重量減少が燃焼前のフィルター重量を上回る)場合、灰重量を0とみなして灼熱減量を算出した。設置期間中の重量減少率が負の値をとる(=重量が増加する)場合、重量減少率を0に補正した。

データセットの利用条件

Please consult the Biodiversity Center, the Ministry of the Envrionment for the usage. Additionally, data users are strongly encouraged to consider consultation, collaboration and/ or co-authorship with the data owners (See Contact Info.) beside the Biodiversity Center. You need to place the following acknowledgment in any publication in which the data are used."Data for ... was provided by the Ministry of the Environment, Monitering Sites 1000 Project".Please send a covering letter and two copies of the publication to the Biodiversity Center through associated party. /環境省への承認申請且つ/又は利用報告が必要である。また、データ利用者は、利用に際して、データを取得した各サイト代表者(下記コンタクト先)やネットワークセンターと調整するよう努める。公表にあたりデータの出典を謝辞等に明示する。例)「・・・のデータについては、環境省・モニタリングサイト1000プロジェクトによる」。また、環境省へ請負団体を通じて事後報告(データを利用して作成した成果物を2部提出)をする。
アクセス制御:
認証システム:knb
適用順序:denyFirst
メタデータのダウンロード: Ecological Metadata Language (EML) ファイル