データセットの引用情報:
このデータを利用する場合は、データパッケージを引用してください:
Laboratory od Remote Sensing and GIS 人間活動情報研究分野 .
Soil carbon survey in Daihachiga river basin, 2005-2006, Takayama, Japan 大八賀川流域の土壌中炭素測定データ,2005-2006, 高山(たかやま)
JaLTER-takayama-01.6.1 (http://db.cger.nies.go.jp/JaLTER/metacat/metacat/JaLTER-takayama-01.6.1/jalter)
全体的な情報:
タイトル:Soil carbon survey in Daihachiga river basin, 2005-2006, Takayama, Japan 大八賀川流域の土壌中炭素測定データ,2005-2006, 高山(たかやま)
識別子:JaLTER-takayama-01.6.1
要旨:
Soil carbon content was measured 36 sites in Daihachiga river basin, Max:619tC/ha, Min:23.5tC/ha. 大八賀川流域36か所で土壌炭素を測定した。最大値は619tC/ha、最小値は23.5tC/haであった。
キーワード:
  • Mineral carbon in soil
  • A layer depth
  • Soil depth
  • litter
  • fine root
  • 土壌中無機炭素量
  • A層深
  • 全土壌深
  • リター
  • 細根炭素量

関係者/関係団体

データセットの所有者:
個人: Laboratory od Remote Sensing and GIS 人間活動情報研究分野
組織/団体:River Basin Research Center, Gifu University 岐阜大学流域圏科学研究センター
住所:
Yanagido, Gifu-shi, Gifu 501-1193 Japan 岐阜県岐阜市柳戸1-1,
データセットの連絡先:
個人: Awaya Yoshio 粟屋善雄
メールアドレス:
awaya (at) green.gifu-u.ac.jp

データセットの特性

期間:
開始:
2005
終了:
2006

サンプリング、処理工程、品質管理の方法

処理の手順
手順 1:
説明:

Soil carbon survey

Soil was sampled using improved soil sampler developed by Jia(1995), Soil was ground and sieved after drying, Carbon was analyzed N/C Analyzer.

土壌はJia(1995)の改良土壌サンプラーで採取、土壌は乾燥後粉砕しふるいにかけた、分析はC/Nコーダーによった。

サンプリングの領域と頻度:
Daihachiga river basin in Takayama, Japan 高山市大八賀川流域
サンプリングの説明:
Soil was sampled using improved soil sampler. 土壌サンプラ―を用いて採取。

データセットの利用条件

アクセス制御:
認証システム:knb
適用順序:denyFirst
メタデータのダウンロード: Ecological Metadata Language (EML) ファイル