データセットの引用情報:
このデータを利用する場合は、データパッケージを引用してください:
Hiroyuki Muraoka 村岡裕由 .
Plant ecophysiological survey,AsiaFlux TKY site,2003-2007,Takayama,Japan;植物生理生態学的調査,アジアフラックスTKYサイト,2003-2007,高山,日本
JaLTER-takayama-01.30.2 (http://db.cger.nies.go.jp/JaLTER/metacat/metacat/JaLTER-takayama-01.30.2/jalter)
全体的な情報:
タイトル:Plant ecophysiological survey,AsiaFlux TKY site,2003-2007,Takayama,Japan;植物生理生態学的調査,アジアフラックスTKYサイト,2003-2007,高山,日本
識別子:JaLTER-takayama-01.30.2
要旨:
Plant ecophysiological survey in a deciduous broadleaf forest, AsiaFlux TKY site, Japan. Leaf photosynthesis of canopy trees (Betula and Quercus) and understory dwarf bamboo has been measured periodically, in a fetch of TKY flux tower.落葉広葉樹林のフラックス観測タワー付近の林冠木および林床ササの光合成特性の測定データ。
キーワード:
  • Single leaf photosynthesis
  • Canopy photosynthesis
  • Single leaf pespiration,
  • 個葉光合成
  • 個葉呼吸
  • 林冠光合成

関係者/関係団体

データセットの所有者:
個人: Hiroyuki Muraoka 村岡裕由
組織/団体:River Basin Research Center, Gifu University岐阜大学流域圏科学研究センター
データセットの連絡先:
個人: Hiroyuki Muraoka
組織/団体:River Basin Research Center, Gifu University岐阜大学流域圏科学研究センター
メールアドレス:
muraoka(at)green.gifu-u.ac.jp

データセットの特性

期間:
開始:
2003
終了:
2007

サンプリング、処理工程、品質管理の方法

処理の手順
手順 1:
説明:
-

Plant ecophysiological survey

Light-saturated photosynthesis and dark respiration, under CO2 of 370 ppm and at ambient air temperature conditions, are measured by suing a portable photosynthesis measuring system (LI-6400).

サンプリングの領域と頻度:
Measurements are made on a canopy-access tower, with a height of 18 m aboveground, for intact leaves at canopy-top (Betula and Quercus) and inner-canopy (Quercus). Measurements are conducted periodically, 1-2 times per month from May to October.
サンプリングの説明:
Three to five apparently healthy leaves are chosen and used for measurements.

データセットの利用条件

アクセス制御:
認証システム:knb
適用順序:denyFirst
メタデータのダウンロード: Ecological Metadata Language (EML) ファイル