データセットの引用情報:
このデータを利用する場合は、データパッケージを引用してください:
Lee Mi-Sun 李美善 .
Soil Respiration, AsiaFlux TKC site, 2005-2008, Takayama, Japan; 土壌呼吸観測,アジアフラックスTKCサイト,2005-2008, 高山(たかやま)
JaLTER-takayama-01.24.1 (http://db.cger.nies.go.jp/JaLTER/metacat/metacat/JaLTER-takayama-01.24.1/jalter)
全体的な情報:
タイトル:Soil Respiration, AsiaFlux TKC site, 2005-2008, Takayama, Japan; 土壌呼吸観測,アジアフラックスTKCサイト,2005-2008, 高山(たかやま)
識別子:JaLTER-takayama-01.24.1
要旨:
Soil Respiration in evergreen coniferous forest, AsiaFlux TKC site, Japan. Soil respiration was continuously measured in 0.15 ha plot. アジアフラックスTKCサイト(常緑針葉樹林)の0.15 haプロットにおける連続観測。
キーワード:
  • Soil Respiration
  • 土壌呼吸

関係者/関係団体

データセットの所有者:
個人: Lee Mi-Sun 李美善
組織/団体:Korea University
メールアドレス:
leems1004(at)korea.ac.kr
データセットの連絡先:
個人: Lee Mi-Sun 李美善
組織/団体:Korea University
メールアドレス:
leems1004(at)korea.ac.kr
関連団体:
組織/団体:Dept. of Environ. Sci. & Ecological Eng., Korea University, 高麗大学環境生態工学科
住所:
韓国ソウル市城北区安岩洞5街 5-ga, Anam-dong, Seongbuk-gu  ,
Seoul, 136-713 Korea

データセットの特性

期間:
開始:
2005
終了:
2008

サンプリング、処理工程、品質管理の方法

処理の手順
手順 1:
説明:

Soil Respiration

Soil Respiration was measured using AOCC chamber using infrared gas analyzers (IRGA; LI-820, Li-Cor, Lincoln, NE), and a datalogger (CR10X, Campbell Scientific, Logan, UT).

サンプリングの領域と頻度:
Plot size is 30 x 50 m2. CO2 efflux from soil surfaces was measured continuously on a evergreen coniferous forest floor. Study plot was established after the plantation of Cryptomeria japonica (Japanese cedar) in 1965.
サンプリングの説明:
The measurement cycle was repeated at intervals of three hours.

データセットの利用条件

アクセス制御:
認証システム:knb
適用順序:denyFirst
メタデータのダウンロード: Ecological Metadata Language (EML) ファイル