データセットの引用情報:
このデータを利用する場合は、データパッケージを引用してください:
Dhital Deepa .
Carbon input through cattle dung, Pasture site, 2007-2008, Takayama, Japan;,放牧草地サイト,2007, 高山(たかやま)
JaLTER-takayama-01.16.1 (http://db.cger.nies.go.jp/JaLTER/metacat/metacat/JaLTER-takayama-01.16.1/jalter)
全体的な情報:
タイトル:Carbon input through cattle dung, Pasture site, 2007-2008, Takayama, Japan;,放牧草地サイト,2007, 高山(たかやま)
識別子:JaLTER-takayama-01.16.1
要旨:
Estimation of the carbon input of cattle dung in pasture. 放牧草地における牛糞を通して土壌に供給される年間炭素量の推定。
キーワード:
  • Cattle dung
  • Carbon
  • Pasture
  • 牛糞
  • 炭素含有量

関係者/関係団体

データセットの所有者:
個人: Dhital Deepa
組織/団体:岐阜大学
データセットの連絡先:
個人: Dhital Deepa ディタル ディパ 
メールアドレス:
ddhital(at)green.gifu-u.ac.jp
関連団体:
組織/団体:River Basin Research Center, Gifu University岐阜大学流域圏科学研究センター
住所:
Yanagido, Gifu-shi, Gifu 501-1193 Japan 岐阜県岐阜市柳戸1-1,

データセットの特性

期間:
開始:
2007
終了:
2008

サンプリング、処理工程、品質管理の方法

処理の手順
手順 1:
説明:

Dung amount & Carbon content

Dung amount: Counting the dung number and chacking size.

Carbon content: Analyzing carbon content in cattle dung using NC analyzer (Sumigraph NC-800, Sumika Chemical Analysis Service Ltd., Japan).

サンプリングの領域と頻度:
Counting the dung number each month in pasture. Checking dung size and dry weight for making histogram sometime. Analyzing carbon content in cattle dung using NC analyzer during experimental period.
サンプリングの説明:
Counting the dung number each month in pasture. Checking dung size and dry weight for making histogram sometime.

データセットの利用条件

アクセス制御:
認証システム:knb
適用順序:denyFirst
メタデータのダウンロード: Ecological Metadata Language (EML) ファイル