データセットの引用情報:
このデータを利用する場合は、データパッケージを引用してください:
Yuichiro Yashiro 八代裕一郎 .
Soil carbon and nitrogen content survey, AsiaFlux TKC site, 2008, Takayama, Japan; 土壌炭素および窒素量の推定,アジアフラックスTKCサイト, 高山(たかやま)
JaLTER-takayama-01.15.1 (http://db.cger.nies.go.jp/JaLTER/metacat/metacat/JaLTER-takayama-01.15.1/jalter)
全体的な情報:
タイトル:Soil carbon and nitrogen content survey, AsiaFlux TKC site, 2008, Takayama, Japan; 土壌炭素および窒素量の推定,アジアフラックスTKCサイト, 高山(たかやま)
識別子:JaLTER-takayama-01.15.1
要旨:
Soil carbon and nitrogen content survey in plantation (Japanese cedar) forest, AsiaFlux TKC site, Japan. Soil carbon and nitrogen content was measured in 0.15 ha plot. アジアフラックTKCサイト(スギ人工林)おける土壌炭素および窒素量の推定。
キーワード:
  • Japanese cedar plantation
  • スギ人工林
  • Soil carbon
  • 土壌炭素
  • Soil nitrogen
  • 土壌窒素

関係者/関係団体

データセットの所有者:
個人: Yuichiro Yashiro 八代裕一郎
組織/団体:River Basin Research Center, Gifu University, 岐阜大学流域圏科学研究センター
データセットの連絡先:
個人: Yuichiro Yashiro 八代裕一郎
組織/団体:River Basin Research Center, Gifu University, 岐阜大学流域圏科学研究センター
関連団体:
組織/団体:River Basin Research Center, Gifu University 岐阜大学流域圏科学研究センター
住所:
Yanagido, Gifu-shi, Gifu 501-1193 Japan 岐阜県岐阜市柳戸1-1,

データセットの特性

期間:
開始:
2008
終了:
2008

サンプリング、処理工程、品質管理の方法

処理の手順
手順 1:
説明:

Soil carbon and nitrogen content

Soils between soil surface and 1 m depth were sampled at 3 points in TKC.

Soil carbon and nitrogen contents were measured by NC analyzer (Sumigraph NC-22F, Sumika, Japan)

サンプリングの領域と頻度:
TKC site, Japanese cedar plantation (about 40 years old).
サンプリングの説明:
Soil carbon and nitrogen content between soil surface and 1m depth in a plot (0.15 ha) was measured at 3 points.

データセットの利用条件

アクセス制御:
認証システム:knb
適用順序:denyFirst
メタデータのダウンロード: Ecological Metadata Language (EML) ファイル