データセットの引用情報:
このデータを利用する場合は、データパッケージを引用してください:
Tomakomai Experimental Forest .
tree census, Long-term permanent plot No.62, Tomakomai Experimental Forest (JaLTER)
JaLTER-Tomakomai.21.1 (http://db.cger.nies.go.jp/JaLTER/metacat/metacat/JaLTER-Tomakomai.21.1/jalter)
全体的な情報:
タイトル:tree census, Long-term permanent plot No.62, Tomakomai Experimental Forest (JaLTER)
(ja) 毎木調査, 長期観察林番号62号, 苫小牧研究林 (JaLTER).
識別子:JaLTER-Tomakomai.21.1
要旨:
A Larix plantaion forest has been investigated to examine its stand structure and dynamics. A study plot is located in compartment 306 of the Tomakomai Experimental Forest with area 0.20-ha was introduced in 1984, followed by repeated tree censuses (5-10year interval). Hiura, T., Fujito, E., Ishii, T., Naniwa, A., Sugata, S., Ishida, K., Murakami, M., Kato, E., Maeno, H., Fukushima, Y. & Sakai, T. (1998) Stand structure of deciduous broad-leaved forest in Tomakomai Experimental Forest, based on large-plot data. Research Bulletin of Hokkaido University Forests 55: 1-10; Hiura, T. (2001) Stochasticity of species assemblage of canopy trees and understory plants in a temperate secondary forest created by major disturbances. Ecological Research 16: 887-893.; Hiura, T. (2005) Aboveground biomass and net biomass increment in a cool temperate forest on a landscape scale. Ecological Research 20: 271-277.; Kaneko, N., Sugawara, Y., Miyamoto, T., Hasegawa, M. and Hiura, T. (2005) Oribatid mite community structure and tree species diversity: A link? Pedobiologia 49: 521-528.; Toyota, A., Tayasu, I., Fujimaki, R., Kaneko, N., Uchida, M., Shibata, Y., Hiura, T. (2010) Combined effects of vegetation switch and subsequent change in soil invertebrate compositions on the soil carbon accumulation patterns, revealed by radiocarbon concentrations. Radiocarbon 52: 1471-1486; Ishihara, M. and Hiura, T. (2011) Modeling leaf area index from litter collection and tree data in a deciduous broadleaf forest. Agricultural and Forest Meteorology 151: 1016-1022 (ja) 北海道大学苫小牧研究林306林班カラマツの人工林の林分構造および動態を調べるため、1984年に面積0.20haの調査区を設け、5-10年間隔で、本数、胸高直径または胸高周囲長を計測している。更新台帳番号301300号 1933(S8)年 新植 カラマツ 長期観察林62号 1984(S59)年 設定。
キーワード:
  • Long-term observation plot
    (ja) 長期観察林
  • Tomakomai Experimental Forest
    (ja) 苫小牧研究林
  • Diameter at breast height
    (ja) 胸高直径
  • girth at breast height
    (ja) 胸高周囲長
  • A plantaion forest
    (ja) 人工林
  • Larix kaempferi (Lamb.) Carrière
    (ja) カラマツ
データテーブル、画像、その他のデータの詳細:
メタデータのダウンロード: Ecological Metadata Language (EML) ファイル
データテーブル:codebookENG20110520.csv / 樹種コード表:codebookENG20110520.csv ( メタデータを表示 )
データテーブル:062_199009.csv / 062_199009.csv ( メタデータを表示 )
データテーブル:062_200510.csv ( メタデータを表示 | ファイルをダウンロードする download)
データテーブル:062_200104.csv ( メタデータを表示 | ファイルをダウンロードする download)
データテーブル:062_201010.csv ( メタデータを表示 | ファイルをダウンロードする download)

関係者/関係団体

データセットの所有者:
個人: Tomakomai Experimental Forest (ja) 苫小牧研究林
組織/団体:Tomakomai Experimental Forest, Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University
(ja) 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター苫小牧研究林
住所:
Takaoka,
Tomakomai, Hokkaido 053-0035 Japan
(ja) 日本 053-0035 北海道 苫小牧
(ja)高丘
電話:
+81-144-33-2171 / 0144-33-2171 (voice)
電話:
+81-144-33-2173 / 0144-33-2173 (fax)
メールアドレス:
tomak@fsc.hokudai.ac.jp
ウェブアドレス:
http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~exfor/toef/hp_e/toef_e.html
データセットの連絡先:
個人: Tomakomai Experimental Forest (ja) 苫小牧研究林
組織/団体:Tomakomai Experimental Forest, Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University
(ja) 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター苫小牧研究林
住所:
Takaoka,
Tomakomai, Hokkaido 053-0035 Japan
(ja) 日本 053-0035 北海道 苫小牧
(ja)高丘
電話:
+81-144-33-2171 / 0144-33-2171 (voice)
電話:
+81-144-33-2173 / 0144-33-2173 (fax)
メールアドレス:
tomak@fsc.hokudai.ac.jp
ウェブアドレス:
http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~exfor/toef/hp_e/toef_e.html

データセットの特性

地理的領域:
地理的説明:Tomakomai Experimental Forest 306, Long-term permanent plot No.62 / 苫小牧研究林306林班、長期観察林番号62
境界の座標:
西:  141.626217403  度
東:  141.626912403  度
北:  42.6746586757  度
南:  42.6741303423  度
期間:
日付:
1984-09-13
期間:
日付:
1990-09-26
期間:
日付:
2001-04-02
期間:
日付:
2005-10-11
期間:
日付:
2010-10-05

サンプリング、処理工程、品質管理の方法

処理の手順
手順 1:
説明:

Description / 記述

The census targeted trees with diameter at breast height (dbh) equal to or larger than 6-cm in the plot. Trees were identified, and their dbh (or girth at breast height), height and location (x-y coordinate) were recorded.
(ja) 調査区内の胸高直径6cm以上の樹木の胸高直径(または周囲長)

サンプリングの領域と頻度:
The study plot is located in compartment 306 of the Tomakomai Experimental Forest. (ja) 調査地は苫小牧研究林306林班に位置する.
サンプリングの説明:
The size of the study plot is 2000m2 (50×40m). (ja) プロットの面積は2000m2(50×40m)

データセットの利用条件

Data users are required to place an acknowledgement in any publication in which the data are used, and to send a copy of the publication with an usage report.
(ja) 公表にあたっては、データの出典を謝辞等に明記するとともに、成果品および利用報告を提出する.
アクセス制御:
認証システム:JaLTER
適用順序:allowFirst
許可: [read] public
メタデータのダウンロード: Ecological Metadata Language (EML) ファイル