データセットの引用情報:
このデータを利用する場合は、データパッケージを引用してください:
Fukuzawa K.
Stream water chemistry at CC-LaG site (2002-2004)
JaLTER-Hokkaido-Kita.324.1 (http://db.cger.nies.go.jp/JaLTER/metacat/metacat/JaLTER-Hokkaido-Kita.324.1/jalter)
全体的な情報:
タイトル:Stream water chemistry at CC-LaG site (2002-2004)
(ja) CC-LaGサイトにおける河川水質(2002-2004)
識別子:JaLTER-Hokkaido-Kita.324.1
要旨:
We collected stream waters at CC-LaG watersheds where clear-cutting, Sasa strip-cutting and planting of larch seedlings were conducted in Teshio Experimental Forest. After bringing samples to the laboratory, we measured pH and electric conductivity (EC), and then filtered the water samples using glass fiber filter (GF/F: 0.7μm) and kept it below 4 degree-C prior to further chemical analysis. We analyzed the concentrations of ions (Cl-, NO3-, SO42-, Na+,NH4+,K+,Mg2+,Ca2+) by using ionchromatography (Dionex, DX-500, ICS-1100) after the additional filtering with a 0.2 μm membrane filter. (ja) 天塩研究林内の,皆伐,ササ筋刈り・カラマツ植林が行われたCC-LaGサイト集水域の出口において河川水を採水した.採取後,実験室に持ち帰り,pH, 電気伝導度(EC)を測定した。サンプル水はガラス繊維濾紙(GF/F: 0.7μm)を用いて速やかにろ過後,化学分析までの期間4℃以下で保存した。さらに0.2μmメンブレインフィルターでろ過後,ろ液のイオン成分(Cl-, NO3-, SO42-, Na+, NH4+, K+, Mg2+, Ca2+)をイオンクロマトグラフィー(Dionex, DX-500, ICS-1100)を用いて分析した。
キーワード:stream water chemistry / 河川水質:
  • conifer and broad-leaved mixed forest
    (ja) 針広混交林
  • clear-cutting
    (ja) 皆伐
  • Sasa strip-cutting
    (ja) ササ筋刈り
  • ion concentration
    (ja) イオン成分
  • nitrate
    (ja) 硝酸イオン
データテーブル、画像、その他のデータの詳細:
メタデータのダウンロード: Ecological Metadata Language (EML) ファイル
データテーブル:Ion concentration data of stream water / 河川水のイオン濃度データ ( メタデータを表示 | ファイルをダウンロードする download)

関係者/関係団体

データセットの所有者:
個人: Karibu Fukuzawa (ja) 福澤加里部
組織/団体:Forest Research Station, Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University
(ja) 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
役職:Associate Professor
(ja) 准教授
住所:
483 Otoineppu,
Otoineppu, Hokkaido 098-2501 Japan
(ja) 日本 098-2501 北海道 中川郡音威子府村
(ja)音威子府483
電話:
+81-1656-5-3216 / 01656-5-3216 (voice)
電話:
+81-1656-5-3218 / 01656-5-3218 (fax)
メールアドレス:
caribu@fsc.hokukdai.ac.jp
ウェブアドレス:
http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~exfor/fr/
データセットの連絡先:
個人: Karibu Fukuzawa (ja) 福澤加里部
組織/団体:Forest Research Station, Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University
(ja) 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
役職:Associate Professor
(ja) 准教授
住所:
483 Otoineppu,
Otoineppu, Hokkaido 098-2501 Japan
(ja) 日本 098-2501 北海道 中川郡音威子府村
(ja)音威子府483
電話:
+81-1656-5-3216 / 01656-5-3216 (voice)
電話:
+81-1656-5-3218 / 01656-5-3218 (fax)
メールアドレス:
caribu@fsc.hokukdai.ac.jp
ウェブアドレス:
http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~exfor/fr/

データセットの特性

地理的領域:
地理的説明:Sampling point / 採水地点
境界の座標:
西:  142.1  度
東:  142.1  度
北:  45.05  度
南:  45.05  度
Mimimum Altitude:50.0  meter
Maximum Altitude:70.0  meter
期間:
開始:
2002-04-01
終了:
2004-12-31

サンプリング、処理工程、品質管理の方法

処理の手順
手順 1:
説明:

Water Sampling / 採水

We collected water at the outlet of watersheds. Interval of the sampling was 2 weeks.
(ja) 集水域末端にて河川水を採取した。サンプリング間隔(無雪期)は2週間間隔とした。

手順 2:
説明:

Filterling and chemical analysis / ろ過と化学分析

After bringing to the laboratory, we measured pH and electric conductivity (EC). Then, we filtered water sample through glass fiber filter (Whatman, GF/F: 0.7μm) and stored below 4 degree-C until further processing. We analyzed the concentration of anion (Cl-, NO3-, SO42-) and cation (Na+, NH4+, K+, Mg2+, Ca2+) by using ion chromatography after the additional filtering with a 0.2 μm membrane filter.
(ja) 実験室に持ち帰り、pHと電気伝導度を測定した。その後ガラス繊維濾紙(ワットマン, GF/F: 0.7μm)を用いてろ過し、ろ液は分析までの期間4℃以下で保存した。さらに0.2μmメンブレインフィルターでろ過後、イオンクロマトグラフィーを用いて陰イオン(塩化物イオン,硝酸イオン,硫酸イオン)、陽イオン(ナトリウムイオン,アンモニウムイオン,カリウムイオン,マグネシウムイオン,カルシウムイオン)濃度を分析した。

使用機器: pH meter (DKK-TOA, HM-30V) EC meter (DKK-TOA, CM-30S) Ion chromatography (Dionex, DX-500, ICS-1100) / pH計(東亜ディーケーケー,HM-30V) EC計(東亜ディーケーケー,CM-30S) イオンクロマトグラフィー(Dionex, DX-500, ICS-1100)

データセットの利用条件

Follows to Data Policy of JaLTER Network.
(ja) JaLTERネットワークのデータポリシーに従う。
アクセス制御:
認証システム:JaLTER
適用順序:allowFirst
許可: [read] public
メタデータのダウンロード: Ecological Metadata Language (EML) ファイル