データセットの引用情報:
このデータを利用する場合は、データパッケージを引用してください:
Forest Research Station, Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University北海道大学・北方生物圏フィールド科学センター・森林圏ステーション.
Flowering Dates of Lilac in Japan
JaLTER-Hokkaido-Kita.306.1 (http://db.cger.nies.go.jp/JaLTER/metacat/metacat/JaLTER-Hokkaido-Kita.306.1/jalter)
全体的な情報:
タイトル:Flowering Dates of Lilac in Japan
(ja) ライラック開花観測記録
識別子:JaLTER-Hokkaido-Kita.306.1
要旨:
First and full bloom dates of lilac (Syringa vulgaris) in Japan, especially Hokkaido (ja) 北海道を主とするライラック(ムラサキハシドイ)の開花日と満開日の観測記録

関係者/関係団体

データセットの所有者:
組織/団体:Forest Research Station, Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University
(ja) 北海道大学・北方生物圏フィールド科学センター・森林圏ステーション
住所:
Kita 9, Nishi 9, Kita-Ku,
Sapporo, Hokkaido 060-0809 Japan
(ja) 日本 060-0809 北海道 札幌市
(ja)北区北9条西9丁目
電話:
11-706-3651 / 011-706-3651 (voice)
電話:
11-706-3450 / 011-706-3450 (fax)
ウェブアドレス:
http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~exfor/fr/
データセットの連絡先:
組織/団体:Forest Research Station, Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University
(ja) 北海道大学・北方生物圏フィールド科学センター・森林圏ステーション
住所:
Kita 9, Nishi 9, Kita-Ku,
Sapporo, Hokkaido 060-0809 Japan
(ja) 日本 060-0809 北海道 札幌市
(ja)北区北9条西9丁目
電話:
11-706-3651 / 011-706-3651 (voice)
電話:
11-706-3450 / 011-706-3450 (fax)
ウェブアドレス:
http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~exfor/fr/

データセットの特性

期間:
日付:
1996

サンプリング、処理工程、品質管理の方法

処理の手順
手順 1:
説明:

Methods / 観察方法

I choose 20 Hanabusa as one stock and attach a mark. Flowering of Hanabusa: If one floret constituting Hanabusa blooms, I assume it flowering of Hanabusa. Full bloom of Hanabusa: If all the florets constituting Hanabusa bloom, I assume it full bloom of Hanabusa. A flowering day of the stock: I have it with the 50% of observation Hanabusa (ten of 20) day when the above flowered. A full bloom day of the stock: I have it with the 95% of observation Hanabusa (19 of 20) day when the above became in full blossom.
(ja) 一株に20ケの花房を選び、標識をつける。 花房の開花:花房を構成する小花が一つ咲いたら、その花房の開花とする。 花房の満開:花房を構成する小花が全部咲いたら、その花房の満開とする。 株の開花日:観察花房の50%(20ケ中 10ケ)以上が開花した日とする。 株の満開日:観察花房の95%(20ケ中 19ケ)以上が満開になった日とする。

データセットの利用条件

Data users are strongly encouraged to consider consultation, collaboration and/or co-authorship with the data owners. Data users should acknowledge in any publications where the dataset contributed to its content. Data users will notify the data owners when any derivative work or publication based on or derived from the data set is distributed. The data users will provide the data owners with two reprints or a PDF file of any publications resulting from use of the data set.
(ja) データ利用者は、利用に際して、データセットの所有者やネットワークセンターと調整するよう努める。公表にあたりデータの出典を謝辞等に明示する。また、データセットの所有者へ、データを利用して作成した成果物(別刷り2部またはPDFファイル)を提出)をする。
アクセス制御:
認証システム:JaLTER
適用順序:allowFirst
許可: [read] public
メタデータのダウンロード: Ecological Metadata Language (EML) ファイル