データセットの引用情報:
このデータを利用する場合は、データパッケージを引用してください:
Nakagawa Experimental Forest .
Management of a sustainable natural straight forest based on the collation method
JaLTER-Hokkaido-Kita.305.1 (http://db.cger.nies.go.jp/JaLTER/metacat/metacat/JaLTER-Hokkaido-Kita.305.1/jalter)
全体的な情報:
タイトル:Management of a sustainable natural straight forest based on the collation method
(ja) 照査法を基礎とした持続可能な天然生林の管理
識別子:JaLTER-Hokkaido-Kita.305.1
要旨:
Since 1967, a long-term forestry study has been conducted at a 110 ha study site in the Nakagawa Experimental Forest. The objective of the study is to develop a relevant management system to extract sustainable yield in harmony with maintainance of stand structure. The "control method", which intend to maintain timber volume and quality in the stand, has been applied. The stand has a representative tree species composition in the region; a natural conifer-broadleaved mixed forest with a multiaged structure. (ja) 中川研究林の照査法試験林では、1960年台後半から総面積113haの天然生林を対象に毎木調査・伐採試験が継続されてきた。本申請は、2016年から開始される6回目の調査(第5経理期)を対象とする。50年におよぶ森林の長期動態を記載して、国内外に他に例を見ない長期大面積試験林としての価値をさらに高めるとともに、これまでに引き続き、持続的資源利用を目的とした適応的森林管理を実践する。既存のデータおよび前試験課題で得た立木位置情報等を重ねあわせて、林分・個体に及ぼす撹乱(択伐)の長期影響を明らかにする。
キーワード:
  • control method
    (ja) 照査法

関係者/関係団体

データセットの所有者:
個人: Nakagawa Experimental Forest (ja) 中川研究林
組織/団体:Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University
(ja) 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター
住所:
Otioneppu-483,
Otoineppu-mura, Hokkaido 098-2501 Japan
(ja) 日本 098-2501 北海道 音威子府村
(ja)字音威子府483
電話:
+81-1656-5-3216 / 01656-5-3216 (voice)
電話:
+81-1656-5-3218 / 01656-5-3218 (fax)
メールアドレス:
nakagawa@fsc.hokudai.ac.jp
ウェブアドレス:
https://www.hokudaiforest.jp/
データセットの連絡先:
個人: Nakagawa Experimental Forest (ja) 中川研究林
組織/団体:Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University
(ja) 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター
住所:
Otioneppu-483,
Otoineppu-mura, Hokkaido 098-2501 Japan
(ja) 日本 098-2501 北海道 音威子府村
(ja)字音威子府483
電話:
+81-1656-5-3216 / 01656-5-3216 (voice)
電話:
+81-1656-5-3218 / 01656-5-3218 (fax)
メールアドレス:
nakagawa@fsc.hokudai.ac.jp
ウェブアドレス:
https://www.hokudaiforest.jp/

データセットの特性

サンプリング、処理工程、品質管理の方法

処理の手順
手順 1:
説明:

Targets to measure / 測定対象

The census targeted trees with diameter at breast height (1.3 m) equal to or larger than 10-cm in the plot.
(ja) 調査区内の胸高直径10cm以上の樹木を対象とした.

手順 2:
説明:

Girth at breast height / 胸高周囲長(きょうこう しゅういちょう)

Girth at breast height was measured with a steel tape.
(ja) 測定対象木の胸高周囲長をコンベックスを用いて計測

使用機器: steel tape / コンベックス
手順 3:
説明:

Survival or death / 生枯

Survival of the target trees was confirmed by observation.
(ja) 測定対象木の生死を確認

使用機器: naked eye observation / 対象木の目視

データセットの利用条件

Data users are required to place an acknowledgement in any publication in which the data are used, and to send a copy of the publication with an usage report.
(ja) 公表にあたっては、データの出典を謝辞等に明記するとともに、成果品および利用報告を提出する.
アクセス制御:
認証システム:JaLTER
適用順序:allowFirst
許可: [read] public
メタデータのダウンロード: Ecological Metadata Language (EML) ファイル