データセットの引用情報:
このデータを利用する場合は、データパッケージを引用してください:
Uryu Experimental Forest, 雨龍研究林 .
Tree census, Long-term permanent plot No.6, Uryu experimental forest, North Hokkaido Experimental Forests (JaLTER), 1989-2009,
JaLTER-Hokkaido-Kita.13.1 (http://db.cger.nies.go.jp/JaLTER/metacat/metacat/JaLTER-Hokkaido-Kita.13.1/jalter)
全体的な情報:
タイトル:Tree census, Long-term permanent plot No.6, Uryu experimental forest, North Hokkaido Experimental Forests (JaLTER), 1989-2009,
(ja) 1989-2009, 毎木調査, 長期観察林番号6号, 雨龍研究林, 北海道北研究林(JaLTER).
識別子:JaLTER-Hokkaido-Kita.13.1
要旨:
A natural Picea glehnii wetland forest has been investigated to examine its stand structure and dynamics. A study plot with area 0.5-ha was introduced in 1989, followed by repeated tree censuses (10-year interval). (ja) 北海道大学雨龍研究林422林班トドマツ人工林の林分構造および動態を調べるため、1989年に面積0.25haの調査区を設け、10年間隔で、本数、胸高周囲長などを計測している.
キーワード:tree census / 森林調査:
  • long-term permanent plot
    (ja) 長期観察林 (ちょうきかんさつりん)
  • Uryu
    (ja) 雨龍 (うりゅう)
  • Hokkaido
    (ja) 北海道
  • tree census
    (ja) 毎木調査
measurement / 測定:
  • diameter at breast height
    (ja) 胸高直径
  • girth at breast heigt
    (ja) 胸高周囲長

関係者/関係団体

データセットの所有者:
個人: Uryu Experimental Forest, 雨龍研究林
組織/団体:Uryu Experimental Forest, Northern Forestry Research and Development Office, Forest Research Station, Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University, 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション北管理部雨龍研究林
住所:
Mosiri,母子里,
Horokanai,北海道, 074-0741
電話:
+81-165-38-2171 (voice)
電話:
+81-165-38-2410 (fax)
メールアドレス:
uryu@fsc.hokudai.ac.jp
ウェブアドレス:
http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~exfor/fr/
データセットの連絡先:
個人: Uryu exprometal forest (ja) 雨龍研究林
組織/団体:Northern Forestry Research and Development Office, Forest Research Station, Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido Univeraity
(ja) 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター
住所:
Mosiri,
Horokanai, Hokkaido 074-0741 Japan
(ja) 日本 074-0741 北海道 幌加内
(ja)母子里
電話:
+81-165-38-2125 / +81-165-38-2125 (voice)
電話:
+81-165-38-2410 / +81-165-38-2410 (fax)
メールアドレス:
uryu@fsc.hokudai.ac.jp
ウェブアドレス:
http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~exfor/fr/
関連団体:
個人: Uryu exprometal forest (ja) 雨龍研究林
組織/団体:Northern Forestry Research and Development Office, Forest Research Station, Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido Univeraity
(ja) 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター
住所:
Mosiri,
Horokanai, Hokkaido 074-0741 Japan
(ja) 日本 074-0741 北海道 幌加内
(ja)母子里
電話:
+81-165-38-2125 / +81-165-38-2125 (voice)
電話:
+81-165-38-2410 / +81-165-38-2410 (fax)
メールアドレス:
uryu@fsc.hokudai.ac.jp
ウェブアドレス:
http://forest.fsc.hokudai.ac.jp/~exfor/fr/

データセットの特性

地理的領域:
地理的説明:Uryu Experimental Forest 422 ID of the plot No.6 / 雨龍研究林422林班 長期観察林番号6
境界の座標:
西:  142.0  度
東:  142.0  度
北:  44.0  度
南:  44.0  度
期間:
日付:
1989
期間:
日付:
1999
期間:
日付:
2009

サンプリング、処理工程、品質管理の方法

処理の手順
手順 1:
説明:

Method / 方法

The methods generally conformed with the literature established by the Forest Research Station, Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University. The details and exceptional cases are described below.
(ja) 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション長期観察林調査要領」. 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション例規集 p49-52 (2002)に準拠する. ただしこの要領に即していない箇所については別に詳述する

手順 2:
説明:

Location / 位置

The size The study plot in compartment 422 of the Uryu Experimental Forest. The size of the study plot is 2500m2 (50×50 m; N00 00 00, E000 00 00; N00 00 00, E000 00 00; N00 00 00, E000 00 00; N00 00 00, E000 00 00 ).
(ja) 調査地は雨龍研究林422林班に位置する. 調査区の面積は 2,500m2 (50×50 m)である.

手順 3:
説明:

Targets to measure / 測定対象

The census targeted trees with diameter at breast height (1.3 m) equal to or larger than 10-cm in the plot. Trees were identified by metal plate, and their species names were recorded.
(ja) 調査区内の胸高直径10cm以上の樹木を対象とした. 金番で個体識別し、樹種名を記録した.

手順 4:
説明:

Diameter at breast height or Girth at breast height / 胸高直径(きょうこう ちょっけい)、胸高周囲長(きょうこう しゅういちょう)

Since 1989-1999, girth at breast height was measured with a caliper. Since 2009, girth at breast height was measured with a steel tape.
(ja) 測定対象木の胸高直径を輪尺を用いて計測(1989年から1999 年まで) 測定対象木の胸高周囲長をコンベックスを用いて計測(2009年以降)

使用機器: Scale, steel tape / 輪尺,コンベックス
手順 5:
説明:

Tree Height / 樹高 (じゅこう)

Tree height was measured by observation with a scale pole
(ja) 測定対象木の樹高を測桿ポールを用いて計測.

使用機器: scale pole / 測桿ポール
手順 6:
説明:

Survival / 生枯 (せいこ)

Survival of the target trees was confirmed by observation.
(ja) 測定対象木の生死を確認

使用機器: naked eye observation / 対象木の目視
手順 7:
説明:

Crown width / 樹冠幅 (じゅかん はば)

Crown width was measured with a tape measure toward 0, 90, 180 and 270-degree direction from the base.
(ja) 測定対象木の樹冠幅を巻尺を用いて東西南北4方向について計測.

使用機器: a tape measure / 巻尺 (まきじゃく)
手順 8:
説明:

Grade of wood quality / 樹幹級

Code indication grade of wood quality, applied for coniferous forests. 1:overstory trees with good wood quality 2:overstory trees with unstraight stem or a sign of death, decay or weakening, or those interrupt a better tree. 3:understory trees, which is expectable to continue good growth. 4:suppressed understory trees. 5:understory trees with unstraight stem or a sign of death, decay or weakening.
(ja) 幹級区分は針葉樹林に適用する。1:上層木の中での優良木 2:上層木の中でのあばれ木・樹冠過弱木・樹冠偏奇木・分岐木・被害木 3:下層木の中での良木(将来良好な生育が見込まれるもの) 4:下層木の中での被圧木 5:下層木の中での生育衰退木・倒木・枯損木・傾斜木.

手順 9:
説明:

Details of wood damage / 欠点

Special instructions on wood damage.
(ja) 測定対象木の欠点を記録.

手順 10:
説明:

Details of wood quality / 被害

Special instructions on wood quality.
(ja) 測定対象木の被害を記録.

データセットの利用条件

Data users are required to place an acknowledgement in any publication in which the data are used, and to send a copy of the publication with an usage report., 公表にあたっては、データの出典を謝辞等に明記するとともに、成果品および利用報告を提出する.
アクセス制御:
認証システム:JaLTER
適用順序:allowFirst
許可: [read] public
メタデータのダウンロード: Ecological Metadata Language (EML) ファイル